好感度をアップさせるためのLINEトークの裏ルールとは!?

「LINEでやり取りしているけどなかなか近づけない」

「あまり仲良くなれていない気がする」

と感じているのであればそれはLINEの特性を抑えた使い方をしていないのかもしれません

そこで今回は「好感度をアップさせるためのLINEトークの裏ルール」についてお伝えしたいと思います。

LINEはあくまでコミュニケーションツールです。

ちゃんと利用すれば最強の心理ツールだということをお伝えできればと思います

文章は短く、会話をしているような文章でOK!

LINEの文面で敬語を使っていたりしませんか

敬語だとどうしてもよそよそしくなってしまい相手が「もっと仲良くなりたい」と思っていても心の距離は近くなりません

また、会話しているときのような文章にすることで本当に会話しているように感じ取られ、距離が縮まります。

さらにいうと文章は短くまとめるようにしましょう。

LINEはチャットツールなのであまり長い文章を書くには向いていないのと、基本的に文章はほとんど読まれませんので短くまとめたほうが相手に伝わりやすく読まれやすいです。

例えば、「今日は西麻布にある○○ってレストランで高級なワインを飲んだんだけど○○ちゃんってお酒強かったっけ?」

だと長いので「○○ってお店知ってる?」で始めて小さなやりとりを複数回行うことでコミュニケーションが続きます。

もし長い文章や会話言葉を使っていなかったのであれば今日から使ってみましょう

 

スタンプを有効活用する

LINEの便利な機能のひとつに「スタンプ」がありますが、ちゃんと有効活用できていますか

文章だけだとどうしてもそっけない感じがあるため、スタンプを適所に居れることで和やかにさせることができます

また、スタンプはデフォルトのものは使用せず、気に入ったものや女性受けがよさそうなもの、ネタになりそうなものなどを購入しましょう

大半の人はスタンプを購入していないのでこれだけでかなり差がつきますよ!!

こちらもおすすめ


PAGE TOP