気になる女の子を惚れさせるLINEテクニック

「気になる女の子はいるけどやっぱり拒否られるのが怖い

という男性は多いようですね!

LINEは交換できたけど、あまり会話もできていないし、何より相手が自分のことをどう思っているかわからない

そんな状況だと1通のLINEを送るのにも勇気が必要です。

そこで今回は「気になる女の子を惚れさせるLINEテクニック」についてお伝えしたいと思います。

ぜひ習得して恋愛活動に役立てましょう。



LINEの特徴について押さえておく

LINEはメールとはぜんぜん違うツールです。

メールと同じようにLINEを使ってしまうとかなり逆効果となってしまう上、ウザがられてしまいます

まずはLINEとメールは区別して使うようにしましょう

 

LINEの特徴1:メールよりチャットとして利用する

メールのようにいつみられてもいいように長文をLINEで送っていませんか

これだと面倒くさいと思われて読まれない可能性があります。

LINEの特性上、メールよりチャットとして利用した方がわかりやすく、文の意図を伝えやすいです。

短文で理解できる文章作成を心がけましょう

 

LINEの特徴2:既読や未読はあまり気にしない

メールのときと異なり、相手が既読したかなどがわかってしまう仕様となっているLINE。

ですが、いちいち気になる女の子が既読したとかまだ読まれていないとか気にしていてはモテませんし、精神衛生上よくありません

気になる女の子や好きな女の子だからどうしても気になるのはわかりますが、1分ごとにいちいちLINEを開いてチェックなんてことはやめましょう

 

マメであるということの本当の意味をちゃんと理解する

「俺はマメにLINEするよ」という男性がときどきいますが、そういう人に限って相手の気持ちを汲み取らず、自分勝手にLINEする人だったりします。

女性がいう「マメな男性」というのは、「女性が返してほしいときに面倒くさがらずLINEをきちんと返してくれる人」ということです。

残念ながら、LINEの返信回数が多いとか返信の内容が細かいとかそういう理由ではないので気を付けましょう。



ネガティブ発言は絶対にしない

よく「俺はモテないんだよね」なんて平気な顔して女性に向かって言う人がいますが、よく考えてみてください。

誰が「モテない男性」と付き合いたいと思うでしょうか

仕事でも「この契約はまだ誰ともとれていないんですよ」といって契約を取れるでしょうか?

厳しいですよね!?

よく考えたら「誰とも契約とれていない内容」なのですから!

LINEでも同じで「仕事で疲れたよ」とか「風邪ひいちゃったよ」といったネガティブ発言は絶対にやめましょう。

送るにしても「やべー、仕事で疲れすぎて宇宙人に会いに行けそう」などギャグにして面白がられる方向の内容にしておきましょう

後ろ向きな言葉や内容は避ける!

「疲れた!」「イヤになった!」など、後ろ向きな言葉や内容は避けるべきです。

女性は基本的に強い男性に惹かれます。

それなのに後ろ向きなことを言ったら好かれることはなく、嫌われる可能性が高いです。

 

こちらもおすすめ


PAGE TOP